<< 2016 Diary  | main | 11月 クラフトワークショップのお知らせ★ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

New products in stock! KAWECO


こんにちは!NAOです。
グローブマートにとても美しいステーショナリーが入荷して参りました!

 
ドイツ、ステーショナリーの老舗”KAWECO”(カヴェコ)のスポーツライン・スチューデントラインより、万年筆とボールペンが登場です!

”KAWECO”とは・・・?

カヴェコは1883年ドイツで創業され、ふたりの創業者、ハインリッヒ・コッホ(Koch)と、ルドルフ・ウェバー(Weber)により1883年、ドイツのハイデルベルグで創業され、二人の名前を合わせてKawecoと名付けられました。
1972年のミュンヘンオリンピックの際には公式ペンとしての認定もされている程機能性、携帯性に優れており、未だに使いやすさ&どんな年代でも持つことができるクラシカルなデザインから、人気を博しています。

132年も前に創業された老舗ステーショナリーメーカーKAWECO。
年数だけ見ると「なんだかそれって、とても古臭いデザインなんじゃないの?」などと思ってしまいがちですが
デザインはもちろん、本体のカラーバリエーション、値段の割にしっかりとした適度な重み、前述の通り軽すぎないので使っていても軸がぶれず、丁寧に文字を書ける書き味 など、全く古臭さを感じさせません!
ボールペンのインクも、サラッとした大変書きやすいインクを使用しており、日本のジェルインクに近い書き味となっております。
(大切な時、急な時にインクが 出ない!なんて事にもなりにくいです!)

さて、ドイツの老舗という事で膨大なペンの種類がある中、今回グローブマートがチョイスしたのは”スポーツライン・スチューデントライン”となっております。

■スポーツライン
スポーツラインの特徴としては、キャップを閉めた状態だと手に握りこんでしまえるほどの大きさなのに、キャップを外して上にかぶせると丁度いいサイズ&重みになり、女性でも大変使いやすいサイズ&重みで、形状も角ばっていながら少しぽってりとした線のやわらかさを残したデザインであることが挙げられます。
スタイリッシュで、どこかスポーティーなデザインから”スポーツ”と名づけられているのかもしれませんね^^ 
アイススポーツ(写真手前)は全体的にスケルトン(透明)なお色のデザイン。
万年筆のカードリッジ&コンバーター部分は無色透明なので、中のインクの色が見えるのもわかり易くて便利です!あれ・・今何色入れてたっけ・・?なんて事にもなりにくいです♪
クラシックスポーツ(奥側)は発色の良い渋めの臙脂、濃紺、黒、のほかに、写真右のようなビビットなピンク、ミントカラーのご用意がございます。
(このミント&ピンクがとっても素敵なんです!!手帳やステーショナリー好き女子には堪らないですよ!ご自分用は勿論、プレゼントにも最適です!)
写真に写っているのは全て万年筆タイプ。同じ形でボールペンタイプのご用意もございます。(ボールペンもキャップ式でございます。)

■スチューデントライン
こちらはスチューデントラインというデザイン。スポーツラインよりもしっかり、ずっしりとした存在感のある、クラシカルなデザインが特徴的。キャップを外すと現れるペン先のシルバーがまたカッコいい!!
こちらはシリーズ全ての色がとても個性的で美しいです。黒は普遍的にカッコイイのですが、赤、青、黄色が、それぞれとても発色の良い、落ち着いているのにどこかキラリと光るスタイリッシュさを持ち合わせたお色なんです。
こちらも、ボールペン、万年筆のご用意がございます。

この色は画面ではお伝えできません!!是非店頭でご覧になって頂きたいと思います♪

如何だったでしょうか。
今回新入荷した”KAWECO”のステーショナリー類は、お高くとまって一生棚に飾っておくような気難しさは一切なく、毎日の生活やお仕事の中で気軽に、そしてペンケースの中に入っているのを見て楽しくなるような色&デザインを持ったステーショナリーです。そして全体的にあまり店頭で直接見られるお店も少ない希少さがあります♪
是非是非、この素敵なステーショナリー達を見に来て下さい^^ステーショナリー好きの心をくすぐる存在感ですよ♪

at 17:58, GLOBEMART, ステーショナリー

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 17:58, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://globemart.jugem.jp/trackback/243